THE GOLD DISC ゴールドディスク/月次認定作品

THE JAPAN GOLD DISC AWARD MONTH

ゴールドディスク大賞/月次認定作品

日本レコード協会では、1989年1月21日以降発売の作品に対し、発売日からの累計正味出荷枚数が一定を超えた場合、下記の基準にしたがってゴールドアルバム等の認定を行っています。この認定は、会員各社からの申請に基づき、毎月10日の認定作品の講評を実施しています。

  • ゴールド・アルバム他 認定基準枚数一覧
    ゴールド
    100,000
    以上
    プラチナ
    250,000
     
    ダブル・プラチナ
    500,000
     
    トリプル・プラチナ
    750,000
     
    ミリオン
    1,000,000
     
    2ミリオン
    2,000,000
     
    3ミリオン
    3,000,000
     
    4ミリオン
    4,000,000
     
    5ミリオン
    5,000,000
     

月次認定作品はこちら

PAST AWARD 過去のゴールドディスク大賞
  • 1st THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1987 The Grand Prix Artist of the year 邦楽 中森明菜 洋楽 マドンナ
  • 2nd THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1988 The Grand Prix Artist of the year 邦楽 レベッカ 洋楽 ザ・ビートルズ
  • 3rd THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1989 The Grand Prix Artist of the year 邦楽 BOOWY 洋楽 ボン・ジョヴィ
  • 4th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1990 The Grand Prix Artist of the year 邦楽 サザンオールスターズ 洋楽 マドンナ
  • 5th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1991 The Grand Prix Artist of the year 邦楽 松任谷由実 洋楽 マドンナ
  • 6th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1992 日本ゴールドディスク大賞 邦楽 CHAGE & ASKA 洋楽 ガンズ・アンド・ローゼズ
  • 7th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1993 日本ゴールドディスク大賞 邦楽 CHAGE & ASKA 洋楽 マドンナ
  • 8th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1994 日本ゴールドディスク大賞 邦楽 WANDS 洋楽 ザ・ビートルズ
  • 9th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1995 日本ゴールドディスク大賞 邦楽 trf 洋楽 マライア・キャリー
  • 10th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1996 日本ゴールドディスク大賞 邦楽 trf 洋楽 マライア・キャリー
  • 11th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1997 日本ゴールドディスク大賞 邦楽 安室奈美恵 洋楽 ミー・アンド・マイ
  • 12th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1998 Artist of the year 邦楽 GLAY 洋楽 セリーヌ・ディオン
  • 13th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1999 Artist of the year 邦楽 B'z 洋楽 セリーヌ・ディオン
  • 14th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2000 Artist of the year 邦楽 宇多田ヒカル 洋楽 セリーヌ・ディオン
  • 15th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2001 Artist of the year 邦楽 浜崎 あゆみ 洋楽 ザ・ビートルズ
  • 16th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2002 Artist of the year 邦楽 浜崎あゆみ 洋楽 BACKSTREET BOYS
  • 17th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2003 Artist of the year 邦楽 宇多田ヒカル 洋楽 アヴリル・ラヴィーン
  • 18th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2004 Artist of the year 邦楽 浜崎あゆみ 洋楽 女子十二楽坊
  • 19th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2005 Artist of the year 邦楽 ORANGE RANGE 洋楽 QUEEN
  • 20th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2006 Artist of the year 邦楽 倖田 來未 洋楽 O-ZONE
  • 21st THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2007 日本ゴールドディスク大賞 邦楽 倖田 來未 洋楽 ダニエル・パウター
  • 22nd THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2008 Artist of the year 邦楽 EXILE 洋楽 アヴリル・ラヴィーン
  • 23rd THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2009 Artist of the year 邦楽 EXILE 洋楽 マドンナ
  • 24th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2010 Artist of the year 邦楽 嵐 洋楽 ザ・ビートルズ
  • 25th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2011 Artist of the year 邦楽 嵐 洋楽 レディー・ガガ
  • 26th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2012 Artist of the year 邦楽 AKB48 洋楽 レディー・ガガ
  • 27th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2013 Artist of the year 邦楽 AKB48 洋楽 シェネル
  • 28th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2014 Artist of the year 邦楽 AKB48 洋楽 ONE DIRECTION
  • 29th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2015 Artist of the year 邦楽 嵐 洋楽 ワン・ダイレクション
  • 30th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2016 Artist of the year 邦楽 嵐 洋楽 ザ・ビートルズ
THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2016 第31回 ゴールドディスク大賞

第31回日本ゴールドディスク大賞について

当協会は、1987年に日本ゴールドディスク大賞を制定し、以来毎年、当該年度のレコード産業の発展に大きく貢献したアーティスト及び作品を顕彰してまいりました。おかげさまで多くの音楽ファンに支えられ今年で第31回の節目を迎えることとなりました。


日本ゴールドディスク大賞は、その選考基準を「CD、ビデオ等の正味売上実績(総出荷数から返品数を差し引いたもの)と有料音楽配信の売上実績」という客観的な基準により、"いま日本で最も親しまれているアーティスト・作品"を選出しています。


第31回日本ゴールドディスク大賞は、当該年度(2016年1月1日~2016年12月31日)の売上実績に基づき各賞を授与しています。


一般社団法人日本レコード協会

アルバム・オブ・ザ・イヤー

邦楽
作品名
SMAP 25 YEARS
アーティスト
SMAP
メーカー
JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント
  作品情報

ファン投票による上位50曲をCD3枚組に収めたベストアルバム。
シングル曲のミュージックビデオを中心に、デビューイベント映像など秘蔵映像を盛り込んだ映像作品「Clip! Smap! コンプリートシングルス」も同時期に発売。

洋楽
作品名
デンジャラス・ウーマン
アーティスト
アリアナ・グランデ
メーカー
ユニバーサル ミュージック
  作品情報

“世界がときめく超実力派歌姫”アリアナ・グランデによる、前作から約2年ぶり、世界待望の3rdアルバム『デンジャラス・ウーマン』。
世界70の国と地域のiTunesで1位を獲得したこのアルバムは、オリコン週間アルバム・ランキングにて自身最高位の2位を獲得し、デビュー作以来3作連続オリコンTOP 3入りという、洋楽初の快挙だけでなく、2016年のオリコン年間アルバム・ランキング洋楽1位を獲得した。

アジア
作品名
MADE SERIES
アーティスト
BIGBANG
メーカー
エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ
  作品情報

2015年、3年ぶりのカムバックプロジェクト[MADE SERIES]が全世界のチャートを席巻中のBIGBANG。海外アーティスト史上初の3年連続かつ史上最多91万人超動員の日本ドームツアー 【BIGBANG WORLD TOUR 2015~2016 [MADE] IN JAPAN】開催記念となる Japan New Album『MADE SERIES』。新録の日本語バージョン楽曲を収録。今回新録日本語バージョンとして収録されるのは、[MADE SERIES]の中でも高い人気を得ている 「LOSER」・「BANG BANG BANG」・「IF YOU」の3曲。 この日本語バージョンに加え、[MADE SERIES]韓国オリジナルバージョン8曲の全11曲を収録。

ページトップ

ベスト5アルバム

邦楽
作品名
Are You Happy?
アーティスト
メーカー
ジェイ・ストーム
  作品情報

「嵐が思う今の嵐」…歩み進む嵐の現在進行形をパッケージした通算15枚目のオリジナルアルバム。コンセプト性の強かった前3作のアルバムを経て、たどり着いた誰もが共感できるエンタテインメント作品。“愛を叫べ”、“復活LOVE”、“I seek”、“Daylight”のシングル4曲を含む全17曲を収録。

邦楽
作品名
Fantôme
アーティスト
宇多田ヒカル
メーカー
ユニバーサル ミュージック
  作品情報

5年半の一時活動休止期間を経てリリースされた、8年ぶり通算6枚目のオリジナルアルバム。
幻影という意味のタイトルに込められた「母の喪失」を通奏低音として鳴らしながら、簡潔で重層的な言葉、色彩豊かなメロディー、余計な装飾を排したサウンドデザインを自在に操り、その喪失と向き合う決意を獲得するまでを描いたドキュメント的作品。椎名林檎、KOHH、小袋成彬といった多彩な客演陣を配したプロデューサーとしての才覚は、アルバムというアートフォームの価値をいま一度明確に提示してみせた。自身初となるオリコン4週連続1位、そして全米iTunes総合3位をはじめとする海外での大きな評価は、YouTube出現以降のボーダーレス化する音楽シーンを浮き彫りにした2016年最重要作のひとつ。

邦楽
作品名
THE JSB LEGACY
アーティスト
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
メーカー
エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ
  作品情報

三代目だからこそ表現できる最先端のサウンドに加え、踊れるラッパーCRAZYBOY(ELLY)が初参戦した「Feel So Alive」をはじめ、自身初のドキュメンタリー映画主題歌「Born in the EXILE」や江崎グリコ「ポッキー」CMソングで話題のTHE Sharehappi 「Share The Love」など新録曲を多数収録。
 ・日本レコード協会トリプル・プラチナ認定アルバム
 ・2016年度オリコン年間ランキング「アルバム部門作品別売上枚数」の2位獲得

邦楽

作品名
SMAP 25 YEARS
アーティスト
SMAP
メーカー
JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント
  作品情報

ファン投票による上位50曲をCD3枚組に収めたベストアルバム。
シングル曲のミュージックビデオを中心に、デビューイベント映像など秘蔵映像を盛り込んだ映像作品「Clip! Smap! コンプリートシングルス」も同時期に発売。

邦楽

作品名
アンコール
アーティスト
back number
メーカー
ユニバーサル ミュージック
  作品情報

2016年にデビュー5周年を迎えたback number初のベストアルバム。クリスマスの定番曲となった「クリスマスソング」、最新曲「ハッピーエンド」をはじめ、これまでリリースした全曲から厳選した32曲を収録した2枚組。

ページトップ

ベスト3アルバム

洋楽

作品名
デンジャラス・ウーマン
アーティスト
アリアナ・グランデ
メーカー
ユニバーサル ミュージック
  作品情報

“世界がときめく超実力派歌姫”アリアナ・グランデによる、前作から約2年ぶり、世界待望の3rdアルバム『デンジャラス・ウーマン』。
世界70の国と地域のiTunesで1位を獲得したこのアルバムは、オリコン週間アルバム・ランキングにて自身最高位の2位を獲得し、デビュー作以来3作連続オリコンTOP 3入りという、洋楽初の快挙だけでなく、2016年のオリコン年間アルバム・ランキング洋楽1位を獲得した。

洋楽

作品名
ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル
アーティスト
ザ・ビートルズ
メーカー
ユニバーサル ミュージック
  作品情報

史上最強のロック・バンド、ザ・ビートルズが遺した唯一のライヴ・アルバム。
1964年&1965年にビートルズがロサンゼルスのハリウッド・ボウルで行ったコンサートから選りすぐられた貴重なライヴ音源をジャイルズ・マーティン(ジョージ・マーティンの息子)がリマスター。ビートルズが「ライヴ・バンド」として世界を手中に収め瑞々しいエネルギーに溢れていた時代の音楽史上最も重要な記録。

洋楽

Photo By Jimmy King

作品名
アーティスト
デヴィッド・ボウイ
メーカー
ソニー・ミュージックレーベルズ
  アーティスト情報

時代と共に変化し続ける孤高の存在にして、英国を代表するロック界最重要アーティストの一人。その多彩な音楽性をもって創作された、70年代を代表するアルバム『ジギー・スターダスト』、80年代を代表する『レッツ・ダンス』などの名盤の数々は、その時代のアートとも言え、全世界トータル・セールス1億3,000万枚以上を誇る。2016年、69回目の誕生日である1月8日に新作『★』(ブラックスター)を発表、その2日後、18カ月に渡る癌との闘病の末、この世を去った。2017年1月8日から大回顧展『DAVID BOWIE is』の日本展がスタート。

ページトップ

ベスト3アルバム

アジア
作品名
GALAXY OF 2PM
アーティスト
2PM
メーカー
ソニー・ミュージックレーベルズ
  受賞コメント

昨年に続き、今年もまた、このような大変栄誉ある素晴らしい賞をいただけて本当に光栄です。
「GALAXY OF 2PM」は僕たちが、ファンの皆さんへの深い愛情を込めて長い時間をかけて作り上げた作品です。
そのような大変思い入れのある作品で、このような栄誉ある賞をいただけることに、こころより感謝いたします。ありがとうございます。
僕たち2PMはアーティストとして、大きく成長した姿でまた戻ってまいります。また、皆様の前でその姿をお見せできるのを楽しみにしております。
(2PM)

アジア
作品名
MADE SERIES
アーティスト
BIGBANG
メーカー
エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ
  作品情報

2015年、3年ぶりのカムバックプロジェクト[MADE SERIES]が全世界のチャートを席巻中のBIGBANG。海外アーティスト史上初の3年連続かつ史上最多91万人超動員の日本ドームツアー 【BIGBANG WORLD TOUR 2015~2016 [MADE] IN JAPAN】開催記念となる Japan New Album『MADE SERIES』。新録の日本語バージョン楽曲を収録。今回新録日本語バージョンとして収録されるのは、[MADE SERIES]の中でも高い人気を得ている 「LOSER」・「BANG BANG BANG」・「IF YOU」の3曲。 この日本語バージョンに加え、[MADE SERIES]韓国オリジナルバージョン8曲の全11曲を収録。

アジア

作品名
YOUTH
アーティスト
防弾少年団
メーカー
ポニーキャニオン
  受賞コメント

こんにちは、防弾少年団です。日本のゴールドディスク大賞のBEST 3 ALBUMS ASIA部門で受賞することになり、光栄です!これは全て、僕たちのことを愛して下さるファンの皆さんのおかげだと思います。皆さんからのたくさんの愛に応えられるよう、これからも精一杯努力し、より良い作品を生み出して、日本のファンの皆さんに会いに行きます。もう少し待って下さいね!そしてこれからもたくさんの応援と愛をお願いします!本当にありがとうございました。
(防弾少年団)

ページトップ

クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー

作品名
BEST OF THE THREE VIOLINISTS
アーティスト
葉加瀬太郎、高嶋ちさ子、古澤巌
メーカー
ハッツアンリミテッド
  受賞コメント

HATSレーベルの音楽性のすばらしさが評価されたのだと嬉しく思います。
これからもインストゥルメンタルの可能性を音楽総監督として広げていこうと思っております。
(葉加瀬太郎)
ヴァイオリニスト同志の共演はお互いに非常に良い経験でした。同名のコンサートの雰囲気そのものも是非、楽しんで貰えたら嬉しいです。
(高嶋ちさ子)
3人のアルバムがゴールドディスク大賞を受賞したことを嬉しく思います。
(古澤巌)

ページトップ

ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー

作品名
デイ・ブレイクス
アーティスト
ノラ・ジョーンズ
メーカー
ユニバーサル ミュージック
  作品情報

本作はデビュー・アルバム『ノラ・ジョーンズ』以来、約15年ぶりにピアノ弾き語りのスタイルでジャズに回帰したアルバム。レコーディングにはサックス奏者のウェイン・ショーターやオルガンのドクター・ロニー・スミスといった伝説的プレイヤー達や、ノラのデビュー作にも参加したドラマーのブライアン・ブレイドなどジャズ界の巨匠達が多数参加。今年4月には全国7ヵ所を周る来日ツアーを予定。

ページトップ

インストゥルメンタル・アルバム・オブ・ザ・イヤー

作品名
SPARK
アーティスト
上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト feat. アンソニー・ジャクソン&サイモン・フィリップス
メーカー
ユニバーサル ミュージック
  受賞コメント

この度はアルバム『SPARK』が「インストゥルメンタル・アルバム・オブ・ザ・イヤー」という賞を頂き、本当にありがとうございます。これからも一つ一つの作品創り、一本一本のライブを大切に、日々成長できるよう、コツコツ進んでいきたいと思います。
(上原ひろみ)

ページトップ